施設基準

施設基準

当院では、「保健医療機関及び保健医療療養担当規則」に基づき、九州厚生局長に下記の厚生労働大臣が
定める「施設基準の届出」を行っています。

施設基準に関する届出の内容

1.入院時食事療養に関する事項

当院では、入院時食事療養(Ⅰ)の基準を満たした食事を提供しています。
また、管理栄養士によって管理された食事を、適時(夕食については6時)、適温で提供しております。

2.保険外療養費等に関する事項

・特別の療養環境の提供(個室利用)
室料(1日につき)病室主な設備
16,500円 (税込)305号室バス、トイレ、ミニキッチン、応接セット、
BSハイビジョン対応液晶テレビ、DVD/ビデオプレイヤー、
冷凍冷蔵庫、電話、高速インターネット接続
11,000円 (税込)306号室シャワー付トイレ、BSハイビジョン対応液晶テレビ、冷蔵庫、
電話、高速インターネット接続
9,900円 (税込) 310号室 シャワー付トイレ、BSハイビジョン対応液晶テレビ、冷蔵庫、
電話、高速インターネット接続
9,900円 (税込)313号室 車椅子トイレ、BSハイビジョン対応液晶テレビ、冷蔵庫、
電話、高速インターネット接続
9,900円 (税込)315号室 シャワー付トイレ、BSハイビジョン対応液晶テレビ、冷蔵庫、
電話、高速インターネット接続
8,800円 (税込)308号室
311号室
312号室
シャワー付トイレ、BSハイビジョン対応液晶テレビ、冷蔵庫、
電話、高速インターネット接続

3.保険外負担に関する事項

当院では、以下の項目について実費のご負担をお願いしています。
○病衣貸与料(入院の場合)1枚 210円
○おむつ代1枚 60円~220円
○付き添い食事代(希望される方のみ)1食 670円
○文書料
区分料金
おむつ証明書 550円
診療費一部負担金支払証明書 1,100円
診断書(人工透析) 2,200円
診断書(一般)、死亡診断書 3,300円
医証(学校用) 550円
医証(一般・会社用) 2,200円
保険給付に関する文書料 5,500円

4.医療費の領収書の交付に関する事項

当院は、医療費を項目別に区分して記載した領収書を無償で交付しております。

5.九州厚生局への届出に関する事項

当院では、以下の項目について施設基準に適合している旨の届出を行い、所定の診療報酬を算定しています。
入院料・管理料等
基本診療料
診療録管理体制加算2
(診療録2)第202号
急性期一般入院科7
(一般入院)第74号
医療安全対策加算2
(医療安全2)第188号
後発医薬品使用体制加算1
(後発使1)第51号
総合評価加算
(後期評価)第135号
療養環境加算
(療)第197号
データ提出加算1
(データ提)第113号
地域包括ケア入院医療管理料1
(地包ケア1)第70号
認知症ケア加算2
(認ケア)第50号
感染防止対策加算2
(感染防止2)第209号
機能強化加算
(機能強化)第316号
特掲診療料
外来化学療法加算2
(外化2)第60号
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅲ)
(脳Ⅲ)第250号
呼吸器リハビリテーション料(Ⅱ)
(呼Ⅱ)第99号
運動器リハビリテーション料(Ⅱ)
(運Ⅱ)第839号
心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅱ)
(心Ⅱ)第31号
がん患者リハビリテーション料
(がんリハ)第134号
薬剤管理指導料
(薬)第492号
がん治療連携指導料
(がん指)第238号
がん性疼痛緩和指導管理料
(がん疼)第123号
人工腎臓(慢性維持透析を行った場合)
(人工腎臓)第57号
導入期加算1
(導入1)第38号
透析液水質確保加算2
(透析水2)第74号
焦点式高エネルギー超音波療法
(焦超)第1号
医療機器安全管理料1
(機安1)第58号
医科点数表第2章第10部手術の通則5
及び6に掲げる手術
(通手)第320号
体外衝撃波腎・尿路結石破砕術
(腎)第14号
がん患者指導管理料イ
(がん指イ)第39号
がん患者指導管理料ロ
(がん指ロ)第25号
人工肛門・人工膀胱造設術前処理加算
(造設前)第16号
入退院支援加算1
(入退支)第53号
在宅患者訪問看護・指導料
(在看)第13号
検体検査管理加算(Ⅱ)
(検Ⅱ) 第167号
CT撮影及びMRI撮影
(C・M)第756号
別添1の「第14の2」の1の(3)に規定する在宅療養支援病院
(支援病3)第45号
磁気による膀胱等刺激法
(磁膀刺)第7号
排尿自立指導料
(排自)第1号
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
(肢梢)第91号
在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
(在医総管)第1880号
入院時食事療養費
入院時食事療養(Ⅰ)
(食)第739号

手術に関する届出の内容

当院では手術に関する施設基準の届出を、下記の通り行っております。
該当手術の実績は、10年以上の経験を有する泌尿器科指導医が行っております。
届出事項
  • 医科点数表第2章第10部
  • 手術の通則の5及び6に掲げる手術
  • (通手)第320号
2018年(1月~12月)該当手術実績
   
< 区分4に分類される手術 >  
・腹腔鏡下腎摘出術 7件
・腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 2件
33件
< 区分2に分類される手術 >  
・膀胱悪性腫瘍手術 膀胱全摘術 4件
・膀胱悪性腫瘍手術 回腸導管造設術 3件
・膀胱悪性腫瘍手術 切除術 1件
・前立腺悪性腫瘍手術 前立腺全摘術 16件
泌尿器科指導医
理事長 高山 一生
院長 安東定
泌尿器科医 中島のぶよ
泌尿器科医 増田克明
泌尿器科医 杉本昌顕

入院時食事療養費 (Ⅰ) に関する届出の内容

当院の管理栄養士が給食の責任者として、患者の病状に応じて必要とする栄養所容量及び適時・適温で提供しています。
又、衛生管理には充分注意をしています。(食品衛生法等の基準を満たしています。)
※料金(患者負担額)は1日1,380円です。
その他ご不明な点がございましたら受付窓口までお申し出ください。

医療法人社団 邦生会 高山病院 理事長 高山 一生