泌尿器科診療 尿路結石症

尿路結石症

腎結石・尿管結石

結石は、腎内で形成され徐々に大きくなり、腎臓から移動し腎臓の出口に詰まった時や、尿管に落ちてくる時に尿流を妨げます。これが、激しい横腹の痛みの原因で、あまりの痛さにうずくまって動けなくなる事や、吐き気をもよおす様な症状が現れます。痛み以外の症状では、多くの方は血尿が出ます(稀に血尿が出ない方もいらっしゃいます)。

診断を行う際は、超音波検査にて腎臓の腫れや、X線検査にて結石の有無を確認いたします。
ただし、尿酸結石の場合はX線検査で結石の有無を確認出来ない場合もあります。

膀胱結石

尿管結石が膀胱まで落ちてきた際も、尿と一緒に体外に排出せず、結石が膀胱の中で大きくなり、膀胱の中で動き回わる事で、尿が近い(頻尿)、血尿が出る、突然尿が出なくなる等の症状が現れます。

また、寝たきり状態が長く続くと、膀胱の中で結石ができることもあり、握りこぶしくらいの大きさまで結石が大きくなることもあります。

治療

当院では、結石の状態に合わせた治療法を行っております。

ESWL (体外衝撃波結石破砕術)
詳しくはこちら Click
レーザー結石破砕術
  • f-TUL (経尿道結石破砕術)
  • PNL (経皮的腎結石破砕術)
詳しくはこちら Click