泌尿器科診療 前立腺癌治療

前立腺癌治療

前立腺ガンの早期発見のために

前立腺肥大症と前立腺ガンは異なる病気で、肥大症からガンになることはありませんが、時に両者が合併して起こることがあります。

また、前立腺ガンは初期にはほとんど症状がなく、症状が出た時には、すでにガンは進行している場合もあります。

前立腺ガンを早期発見するために50歳以上の男性は年一回、血液検査で腫瘍マーカーであるPSAの測定を受けることをお勧めします。

【検査方法】
●スクリーニング検査/PSA検査(前立腺特異抗原)
  =血液検査でわかります。
●二次検査/1.直腸診 2.超音波検査 3.針生検 
  などの検査方法により診断いたします。
PSA検査による陽性率の割合

・年齢別PSA値別生検陽性率 (2015年1月~12月)【高山病院データ表はコチラ